瀛州迷花録(腐蝕)の口コミ感想まとめ

学園

腐蝕氏の「瀛州迷花録」。

この「瀛州迷花録」の口コミ・感想など紹介します。

瀛州迷花録の口コミ・感想

キャラクターが大人とのギャップがありとても可愛いです。
そして綺麗、エロい、可愛いと最高の本です。


絵はうまいけどなにかちょっと惜しい。
実用性が低く感じるのはキャラがあまりストライクじゃなかったせいか。


活き活きとした女性達が不器用なSEXに酔いしれる、ストレートなエロマンガです。
キャラクター造形は個性的で、総じてしなやかなスレンダーバディの美女達で占められています。
読んで、ヌイた後に、不思議な暖かさが残るエロマンガです。

瀛州迷花録の詳細

「好きに決まってるー」

ボーイッシュな見た目から女の子扱いされず、失恋に落ち込む青沼。
しかし、幼馴染の綾瀬がちゃんと女の子として見てくれている事を知りー。

その他…
兄の想われ人だった女教師との初体験、
情事に臆病な先輩と二人きりの密室で、
サボり癖な同僚とラブホテルで一晩中
etc.

大人になれない、欲望に素直で不器用な日本の女の子を、最注目新鋭が繊細に描く、9編の特別な性愛事情ー。

タイトルとURLをコピーしました